特別セミナー


受付開始!

 

Anatomy Trains: Using Fascial Properties to Effect Functional Movement

『筋膜の性質を利用した効果的なファンクショナルムーブメント』

 

 

 

 

筋膜のウェブの性質と、その神経網と循環網との関係性を理解して、身体のパターンを評価し、その結果を向上させる新しい方法を学びましょう。

 

筋膜の性質である、粘性、弾性、塑性、そしてそのリモデリングは、全てトレーニングや徒手療法によって向上させることができます。

つまり、筋膜が様々な負荷やタイミングにどのように反応するのかを理解することができれば、より優れた治療やトレーニングプログラムを提供することが可能になるのです。

 

 

 

アナトミートレインのマップは、筋肉群を、姿勢や歩容、そしてパフォーマンス全般に影響を与える大きく機能的な筋膜パターンに分類します。

筋筋膜の経絡に起こり得る大小パターンを見つける方法を学び、全体的な機能を向上させるための、手や運動、言語によるキューイングの使い方を学びます。

 

 

 

このワークショップでは下記の内容をカバーします:

 

  • 歩容におけるスパイラルライン、ディープフロントラインに重点を置いたアナトミートレインのリビュー

  • ラインの視覚によるアセスメント:何が短いのか?何が長すぎるのか?何が活性化していないのか?

  • 筋膜の癒着や、慢性的に短縮あるいは伸長されすぎた筋肉を緩めるための徒手療法的テクニック

  • トレーニング効果:インパクトスポーツのための粘性トレーニング、エネルギー効率性とレジリアンシーのための弾性トレーニング

  • 組織の長さやグライドを変化させるために筋膜の塑性を利用する:ストレッチのスタイルと深部組織へのワーク

  • トレーニングと怪我からの回復における筋膜のリモデリングの生理学を理解する

  • トレーニングとムーブメントにおける筋膜の関わりについての質疑応答

 

【セミナー開催概要】

 

2日間とも日本語訳付き

通訳者

谷佳織先生

所属:Kinetikos

 

1日目の講義では

 

『筋膜の性質』

(粘性、弾性、塑性、リモデリング)

 

『アナトミートレイン リビュー』

(スパイラルファンクショナルラインとディープフロントラインに注目)

 

をメインにした

レクチャーと

 

ボディリーディングやデモを

予定しています。

 

【日時】

1日目『講義のみ』

2018年3月10日(土)  

10:30〜18:30 (昼休憩1時間含む) 

受付開始10:00〜

 

2日目『ハンズオンセミナー』

2018年3月11日(日)  

10:30〜18:30(昼休憩1時間含む) 

受付開始10:00〜

 

【会場】

アネックスパル法円坂

なにわのみやホール

大阪市中央区法円坂 1丁目1-35


JR環状線 森ノ宮駅から西へ徒歩10分

地下鉄長堀鶴見緑地線・中央線 森ノ宮駅から西へ徒歩8分

地下鉄谷町線・中央線 谷町4丁目駅から東へ徒歩8分

http://www.zaidan.or.jp/access.html

 

【受講料】

1日目のみ参加 36,800円(税別)

2018年1月31日23:59までのお申し込みで26,800円(税別)

 

 

両日参加 89,800円(税別)

→2018年1月15日(月)23:59までのお申し込みで79,800円(税別)

定員に達しました。キャンセル待ちのみ受付中。

 

【定員】

1日目のみ参加

受付開始しました。

 

両日参加 30名

→定員に達しました。

 

*1日目(講義)のみの参加受付を開始いたしました。

*2日目(ハンズオンセミナー)への参加は1日目への参加が必須です。そのため、2日目のみの参加受付は行いません。

 

【キャンセルポリシー】

本セミナーは下記特設のキャンセルポリシーが適応され

キャンセルに伴い以下の通りキャンセル料が必要となります。

参加申し込み受付直後より10%のキャンセル料が必要となりますのでご注意ください。

 

『1日目のみ参加申込の方』

申し込み受付~2018年1月31日まで 10%
2018年2月1日~2月28日まで 50%
2018年3月1日~当日 100%

 

『両日参加申込の方』

申し込み受付~2018年1月15日まで 10%

2018年1月16日~2月28日まで 50%

2018年3月1日~当日 100%