2015.3.29(Sun) 10:00~16:00

【タイトル】

Conditioning Room-S主催

One Dayセミナー

『栗田興司先生ハンズオンセミナー

~レジスタンストレーニングのプログラムデザイン[トップアスリートへの指導を通して]~』

 

【日時】

2015年3月29日(日)

受付9時40分開始

10:00~16:00(途中昼休憩1時間含む)

 

【場所】

大阪市立市民交流センターすみよし南 102 
〒558-0021 大阪市住吉区浅香2丁目1番9号
TEL:06-6697-0971 
http://www.sumiyoshi-minami.or.jp/
地下鉄御堂筋線「あびこ」下車 徒歩15分

JR阪和線「杉本町」下車 徒歩8分

 

【講師】

栗田興司先生
Physical Conditioning Production合同会社代表

スポーツ健康科学MS
ACSM-HFI  NSCA-CSCS  NASM-PES JATAC-ATC
JECA-Master of Performance Analyst
TPI-Fitness Specialist level2
加圧トレーニング Special Instructor
株式会社GLAB ReaLine認定講師
一般社団法人 日本健康予防医学会理事

【講師経歴】
94〜95年 渡米
パーソナルトレーニングについてフィットネス専門誌フィジークに連載。日本にパーソナルトレーナーという職業を確立。
96年パーソナルトレーニング専門施設PCP設立。

【契約団体・選手】
(掲載許可 敬称略)
・近鉄ライナーズ(ラグビートップリーグ /99〜05)
・天理大学ラグビー部
・K-1〈武蔵、小比類巻貴之、角田信朗、他)
・プロゴルファー茂木宏美
・プロテニス 中村藍子 加藤未唯 仁木拓人
・スケート 西谷岳文 (トリノオリンピック/現在競輪)
・プロボクシング 井岡一翔
・車いす陸上 木山由加(ロンドン パラリンピック)
・正道会館南大阪本部
・日本女子プロゴルフ協会
・全日本スキー連盟
・旭化成柔道部 等
・プロ野球個人契約 (阪神タイガース、オリックスバッファローズ)
✳引退選手
金本知憲 矢野燿大 清原和博

【研究活動】
東亜大学大学院スボーツ健康科学分野(運動制御)
東京大学大学院スボーツ運動生体情報科学寄付講座 共同研究 (加圧トレーニング)
兵庫医科大学 辻田研究室 共同研究 (加圧トレーニング-スボーツ科学)
兵庫医療大学 賀屋研究室 共同研究 (加圧トレーニング) 

【セミナー内容】
1.レジスタンストレーニングの科学的基礎
    骨格筋に対する効果とメカニズム
2.プログラムデザインの構成要素
    強度・量・頻度等
3.目的別プログラムデザイン
    SAIDの法則
4.レジスタンストレーニングのトレンド
    コアトレーニング、ピラティス、ファンクショナルトレーニング…等
5.プログラム実践例
  トップアスリートのレジスタンストレーニング

【講師からのメッセージ】
レジスタンストレーニングは、健康増進、スポーツパフォーマンス向上、サルコペニア対策、リハビリテーションなど様々な目的に応じて
実践されている運動方法です。
ここ数年、レジスタンストレーニングに対する科学的研究は大きく進化しています。
またニーズの拡大とともに商業的にも多様化し、数多くのメソッドが生まれています。
本セミナーでは、レジスタンストレーニングの科学的基礎を再考し、最近のトレンドやトピックスを紹介いたします。
レジスタンストレーニングのプログラムデザインの一助となれば幸いです。
    

 

【費用】

(定員に達し次第以降キャンセル待ち)

10000円

[早割:2/28までのお申し込み&お振込みで1000円オフ]


✳早割対象セミナーのため早期に受付終了となる可能性がございます。お早めのお申し込みをオススメします。


【お申し込み】

https://ssl.form-mailer.jp/fms/143dcfca293005